2010年2月19日金曜日

Pro Data Doctor 用語集(プロのデータの医者)

データ回復言葉の語集
異常終了: 計算機プログラムの異常終了。
ABIOS: ABIOSはOS/2によって使用される保護モードbiosである。
アクセス: 望ましいデータを見つけるため。
アクセス腕: 読書きヘッドの余分を置くのに使用される部品を指定トラックディスク運転しなさい。
入手の可能性: コンピュータがユーザーの広い範囲に使いやすく、利用できる1つ以上の物理的な不能の人々を含む範囲。
アクセス方式: 主記憶装置と入出力装置間の移動データのための技術やプログラムコード。
アクセス時間: データがを求められるか、または記憶装置で貯えられるように要求される時、そして配達か貯蔵が完了する時時間間隔間の。
住所バス: 電気細道はデータまたは指示のためのストレージロケーションを送信するのが常であった。
アドレス変換: 荷を積まれるか、または再積載される主記憶装置の住所へデータの項目の住所か指示を変えるプロセス。
adp: 自動データ処理。
予期可能な検索: より多くのデータを取って来ることすぐに要求されるとより速い媒体でそれを保つことによる遅い記憶装置からのデータ読み取りをより最大限に活用するための技術実際に必要になるまで。
ansi: 米国規格協会。
api: 応用プログラムが低レベルサービスを要求し、遂行するのに使用する一組のルーチンはオペレーティングシステムによって行った。
建築: 計算機システムの全体または一部の構造。 またシステム・ソフトウェアの設計を参照する。
ascii: 米国規格協会情報交換標準コードのための略称
ASCII文字: 英語のalphanumericsそして他の特性を表すための最も広く確認された8ビット・コード。
ASCIIZのひも: ASCII文字の順序は0、かゼロのバイトによって終わった。
ASPI: 高度のSCSIプログラミングインターフェイス。
ATA: 先端技術の付属品、ideインターフェイスのより正しい名前。
補助貯蔵: コンピュータの1次記憶装置を補う貯蔵、二次貯蔵と同じように。
バックアップ: 無くなったか不正なデータからの回復の平均を提供する情報のコピー。
バックアップ・ファイル: ファイルの重複したコピー。
bcd (2進化10進数): 2つの10進数が各バイトで貯えられるデータ記憶の方法、上部の4ビットの1つおよびより低い4ビットの他。 価値だけ0から9バイトの各半分で使用されるので、bcdの価値は記憶またはファイルの16進法の表示で10進数として読むことができる。
バイナリ: 選択を、選択、か条件2つの可能性の、含むまたは2の基盤を利用するナンバーシステムに関係する特徴か特性に関係する。
二進デジット: 特性0または1の。 これらの特性は「かまれて」短縮される。
2進法: 2の基盤または底のナンバーシステム。
二進法: ディジット0および1を使用する基盤2のナンバーシステム。 コンピュータデータはこのナンバーシステムによって表すことができる。
bios: 基本的な入力/出力システム。 一組のルーチン密接に仕事システムの要素、記憶のような、ディスクおよびモニター間の情報の移動を支えるハードウェアと。
bios変数ブロック(BPB): 論理ドライブ情報にブート・セクタ細目の中にある情報。
ブロック: 単位として扱われる他のデータ要素または連続的なデータレコードの分かれる。
 
ブロック装置: バイト(ブロック)のグループの情報よりもむしろ1バイトを一度に動かすディスク・ドライブのような装置。
ブロックの編集: ユーザーが定義することを可能にするワード・プロセシングプログラムの機能動くか、削除するか、または文節の他の操作を行うため。
妨げられたテープ: 貯蔵の技術は記録がテープでどこに一緒に分かれるか使用した。 これはレコード間隔の数の減少によってより多くの貯蔵および高速アクセスを提供する。
ブロック化因数: 論理レコードの数は1つの物理レコードかブロックに結合した。
ブーツ: コ ンピュータかオペレーティングシステムを始めるため。 言葉「ブーツ」はブーツの革紐によって自分自身を持ち上げることを表現からそれから「」。来る「ブートストラップ」の収縮である、 IBMのPCおよびcompatiblesのrom biosはそれからオペレーティングシステムの残りを読取る、オペレーティングシステムの部分を読取る512バイトの短いプログラムを含んでいるディスク の最初のセクターを読取る。
ブートドライブ: オペレーティングシステムが追い出されたディスク・ドライブ。
ブート・セクタ: そのドライブ、特定の論理ドライブ情報およびエラーメッセージを追い出すためにコードを含んでいる論理ドライブの最初セクター。
ブートストラップ: プログラムのはじめの幾つかの指示が入力装置からのコンピュータにそれ自身の残りを持って来て十分である技術。
テストする底: かモジュールおよび次にますます大きい単位をテストすること個々のサブルーチンからの開始による計算機プログラムのテスト。
枝: 1つの指示からのプログラムの指示の正常な順次実行の部分でないプログラムの別のものへの制御の移動。
中断点: デバッグした場合、記憶場所時アクセスされた原因実行の通常の流れおよびデバッガーの呼び出しの壊れ目。
バブルメモリ: データがガーネットの薄い部分で形作られる磁化された区域(泡)の存在か不在によって表されるタイプの不揮発性メモリ。
緩衝: 一時記憶域は1つの装置からの別のものにデータを送信するときでき事の発生のデータ、または時の流れの率の相違を補うのが常であった。
虫: 欠陥のための婉曲的表現。
バス: 一組はの計算機システムの部品間のデータ転送に使用するラインを接続する。
バイト: 一組の8つの二進デジット。
c: 低レベルの構造プログラミング言語はAT&T鐘Laboratoriesによって成長した。 それは機械独立アセンブラー言語に類似し、ソフトウエアパッケージの開発のために普及している。
隠し場所: 貯蔵はすぐにアクセスされる位置で頻繁に使用されたデータを保つことによって性能を高める方法である。
キャッシュメモリ: 処理の間のデータのプログラムの部分を貯えるためのCPUの高速一時記憶域域。
呼出し: サブルーチンへのプログラム制御の移動。
容量管理: 情報処理の仕事の負荷、ハードウェアおよびソフトウェア使用法および他の計算機システムの必要なリソース予測し、制御する計画の使用および制御方式。
カセットテープ: カセットテープにしかし大いにすばらしい貯蔵密度との磁気テープの類似したの形態。 主に大きなコンピュータシステムと使用される。
カセットテープ: 磁気テープの形態、約4分の1は、マイクロコンピューターとの二次貯蔵のために一般に使用されて広くじりじり動く。
CBIOS: CBIOSはIBMのPC家族のより早いプロダクトおよび8086台のプロセッサーが付いているPS/2モデルと互換性がある実質モードbiosである。
CDFS: 制御がCD-ROMドライブの内容にアクセスするCD-ROMのファイルシステム。
CD-ROM: コンパクトディスクの読み専用記憶装置。 それはレーザー符号化された光学記憶記憶媒体である。
検査合計: 計算された価値は生じることができる間違いの存在のためにテストデータにデータが送信されるか、またはそれがディスクに書かれているとき使用した。
クリーンブート: コンピュータをオペレーティングシステムで最低のシステム・ファイルを使用して追い出すか、または始める。
取付けをきれいにしなさい: フォーマットし直されたハードディスクが付いている新しいコンピュータまたはコンピュータのオペレーティングシステムの取付け。
集り: フォーマット命令によって一緒に分かれるセクターの指定数。 数およびサイズは論理ドライブのサイズによって定められる。 集りはファイルを貯えるための最も小さい記憶装置である。
cmos: 補足の金属酸化物半導体、ローパワー消費のために知られている集積回路の設計のaのタイプ。
CMOSのRAM: 時計の電池によって維持され、構成情報を貯えるために使用されるシステムの実時間時計の破片の記憶の少量(普通64か128バイト)。
コード: 計算機命令。
com (計算機出力マイクロフィルム): 情報を出力するために割り当てる技術はコンピュータによってマイクロフィルムの店であるために作り出した。
コマンドモード: 応用プログラムが命じる運営方法は選ぶことができる。
Complier: 機械言語プログラムに高レベルプログラミング言語を翻訳するプログラム。
圧縮された容積ファイル(CVF): 読み取り専用の、隠された、およびシステム属性、およびそれのファイルは圧縮されたドライブを含んでいる。
コンピューターウイルス: プログラムを使用した計算機システムにアクセスするだれでもの計算機システムに有害なプログラムルーチンをコピーするプログラム、またはそのようなコン ピュータから取られるデータまたはプログラムのコピーを使用するだれでも。 これは多くのコンピュータユーザー間のデータそしてプログラムの破壊を広げる。
コンピュータ: データを受け入れることができそれのある特定の機能をデータ行い、そしてそれらの操作の結果を示す装置。
コピー: (1)複写のプロセスは既存のファイルからファイルする。 (2)原本を残している間配置のためのスクリーンのテキストかグラフィックまたはそのままなグラフィックを他の所で複写するプロセス。
事後保全: 問題を除去するためにできている維持。 それは緊急保守か据置き保守として起こるかもしれない。
衝突: それが処理の異常な停止に導くハードウェアまたはソフトウエア故障。
ワーキング・ディレクトリの構造: ドライブ有効であるかどうかドライブのワーキング・ディレクトリを把握するのにdosによって使用されるデータレコード、代わりになるネットワークまたは結合され、他の適切な情報。
カーソル: データの入力のユーザーを助けるためにほとんどのビデオ・ディスプレイスクリーンに表示されるライトの移動可能なポイント。
切り貼り: 部分または目的すべてかテキストおよび場所緩衝のそれ(切れる市販ソフトのパッケージの特徴は消す)。 目的かテキストは(挿入される)後になって貼られるかもしれない。
シリンダー: ディスクの各データ軸受け表面の同じ位置にあるデータの同心トラックのセット。 両面フロッピィはシリンダー1本あたりの2つのトラックを含んでいる。
dasd: 直接アクセス記憶装置のための略称。
データ: 物理的な現象または企業取引についての事実か観察。
データ・アクセスの図表: データ店が情報によってに関係していることができる方法を描写するための写実的な用具は別のデータ店で含んでいた。
データ管理: 戦略的な共有リソースとしてデータを管理する為の方針そして手順の確立そして施行を含むデータ資源管理機能。
データ圧縮: ギャップの除去によって記憶空間を節約する技術、空分野、重複、または記録の長さを短くする不必要なデータはまたは妨げる。
DDE: 動的データ交換。 交換データおよび命令に同時に動く2つ以上のプログラムを可能にするプロセス間通信方法。
DDI: デバイス・ドライバインターフェイス。
デバッグしなさい: 検出はプログラムから、見つけ、間違いかコンピュータから機能不全を取除く。
ダバッギング: 取除くプロセスは計算機システムから逃走する。
十進法: ディジット0から9を使用して基盤10のナンバーシステム。
デフォルトデータ: キーストロークを減らし、コンピュータユーザーの生産性を増進するためにソフトウェアによって自動的に提供される価値。 但しそのような行為が必要なとき、ユーザーに他の価値とデフォルトデータを取り替えることの選択がある。
デフォルト設定: 市販ソフトでは、自動的に入れられない変数ユーザーによって変えられて。
遅らせられる書きなさい: データが記憶媒体に実際に書かれている前にどの制御がの貯蔵戻るかの形態。
削除: 取除かれるべき既存のテキスト、データ、分野、記録、またはファイルを可能にする適用ソフトウェア特徴。
要求時ページング: コードおよびデータが物理メモリからディスクの一時的なページ・ファイルにページで動く方法。
デバイス・ドライバ: オペレーティングシステムの装置非依存の部分と要求された行為を行う装置操作の実際の順序に装置非依存の要求を変える実際のハードウェアデバイス間のインタフェース・モジュール。
装置ノード: configuration Managerが造るある特定の装置のための基本データの構造; 時々呼ばれたdevnode。 装置ノードは現在割り当てられた資源のような装置についての情報の各装置そして調査員のためのシステム起動の記憶に、造られる。 すべての装置ノードの完全な表示はハードウェア木と言われる。
直接アクセス記憶装置(dasd): 直接貯えられるか、または、例えば、磁気磁気ディスク装置を取り出されるデータにアクセスできる記憶装置。
直接アクセス: 同じ一定期間の各貯蔵位置に独特な住所があり、他の貯蔵位置かを捜さないでそれぞれおよそアクセスすることができる貯蔵の方法。
ダイレクト・メモリ・アクセス(dma): ペリフェラルがCPUの介入なしで主記憶操置にまたはからデータを移すという方法。
ディストリビューション・メディアは書式作成する(DMF): データの1.7 mbの貯蔵を可能にする3つの½のインチのフロッピーディスクのための特別な読み取り専用フォーマット。
ドック: 装置を取除くため計算機システムで挿入するか、または。
ディスクオペレーティングシステム(dos): 全体または一部がディスクに存在し、コンピュータに荷を積まれなければならないマイクロコンピューターのためのオペレーティングシステム。 マイクロコンピューターのハードウェアを制御し、指示するのは一組のプログラムである。
dosエクステンダー: プログラムが整備するまだ実質モードmsdosへのアクセスを保っている間保護されたモードで動くようにするプログラム。
ドラム(ダイナミックRAM): 記 憶の各ビットのための小さいコンデンサーから本質的に成っているランダムアクセスメモリ。 コンデンサーが充満を不明確に握らないので、ドラムは内容を失うことを避けるように絶えず新たにならなければならない。 また、記憶の内容を読むプロセスは有害であり、余分時間を意味することは使われなければなりアクセスされる、従ってドラムはSRAMより遅いメモリアドレ スの内容を元通りにする。
ダンプ: 外部ストレージ装置に内蔵デバイスからの記憶装置の全体または一部の内容を、通常、コピーするため。
DVD: デジタル多目的なディスク。 音声部分、ビデオおよびコンピュータデータを取囲む光学磁気ディスク装置。
EEPROM: サーキットボードから破片を取除かないで電気で消され、プログラムし直すことができるタイプの記憶。
暗号化: データを解読できなく無許可の観覧か使用からそれを保護するためにさせる方法。
EPROM: それを回路からの取除き、紫外線--に破片をさらすことによって消すことができるタイプの記憶。 それはそれからプログラムし直すことができる。
例外処理: プログラムが動く制御の通常の流れの外のソフトウェアが動くように要求し、と同時に起こるでき事。
拡大された記憶指定: lotus、Intelおよびマイクロソフト著案出される1のメガバイトの実モードのアドレス空間に銀行切換えの付加的な記憶による記憶の1メガバイト以上アクセスするための指定。
延長biosのデータ域: 記憶のブロック、普通区分0040hで256バイトのデータ域に合わない使用の付加的なデータを貯えるのにbiosによって使用されている慣習的な記憶の上の1K。
延長ファイル制御ブロック: 付加的な7バイトあったdosのファイル制御ブロックは可能にすることを貯えられる)の制御をファイル属性(付加物で付加した。
延長記憶: 80286およびより高い機械でだけ利用できる1つのメガバイトの住所を越える記憶。 小さい部分(ハイメモリ領域)を除いて延長記憶は保護されたモードからだけ入手しやすい。
延長記憶指定: 分け前に多数プログラムを許可するマイクロソフトが案出した指定は(1メガバイトの上で) 640Kの上の記憶そして非連続の記憶を拡張した。
faq: よくでる質問。 基本的な質疑応答を含んでいる文書。
脂肪質のファイルシステム: ファイルストレージに使用するディスク空間の様々な区分の状態を把握するためにオペレーティングシステムによって維持されるファイルアロケーションテーブルに基づくファイルシステム。
FAT32: 増進されたディスク空間の効率の大きいドライブを支えるファイルアロケーションテーブルのファイルシステムの32ビット強化。
策略: 指示が記憶にある送り、命令サイクルのステップは制御装置に。
ファイル: 時々データセットと呼ばれる単位として、扱われる関連のデータレコードのコレクション。
ファイルアロケーションテーブル(脂肪質): ディスク(だらしないですか論理ドライブ)の区域はそのディスクの参照ファイルの位置に取っておいた。 テーブルはチェーンファイルの各部分がどこに見つけられるか識別するであり。 それは本のための目録に同様に機能する。
ファイル制御ブロック(fcb): 一時的に開けられたファイルについての把握情報にコンピュータのオペレーティングシステムによって割り当てられる記憶の小さいブロック。
ファイルハンドル: 小さい正整数はプログラムが操作を行いたい前に開けられたファイルを識別するのが常であった。
フロッピーディスク: 適用範囲が広いののデータが磁気的に貯えられるマイクロコンピューターと一般的なマイラーの磁気ディスケット。
フロッピーディスクドライブ: 装置はフロッピーディスクに出入して移るのが常であった。
フラッシュ: まだ最終仕向地に一時的な緩衝で貯えられるデータのコピーを強制するため。
フォーマット: 媒体のデータの整理。
書式作成: 記 憶媒体(ディスクまたはテープのような通常磁気メディア)をデータを貯えるために準備する。 低レベルか物理的な書式作成はすべての必要な家計記憶装置が媒体を読むことを可能にするようにデータを書き、また知られていた状態に媒体の記憶装置を初期 設定するかもしれない。 高レベルか論理的な書式作成は既に物理的にフォーマットされていた登録簿使用されるデータを書くそして媒体に割振り情報のようなオペレーティングシステム によって。 書式作成プログラムは頻繁に低レベルおよび高レベルフォーマットを行う。
ギガバイト: 1,000,000,000バイト。 より正確に、第30力への2または十進表記の1,073,741,824バイト。
ハードディスク: 堅い金属の大皿は磁化できる物質と塗った。 フロッピー・ドライブとの対照。
ハードディスク・ドライブ: 装置はハードディスクに出入してデータを移すのが常であった。
ハードウェア木: コンピュータのすべてのバスそして装置の階層的な表示。
ハイメモリ領域: 延長記憶の最初の65520バイト(16バイトを差し引いた64K)。 この区域はこれらのプロセッサーが8088として1メガバイトで住所を包まないし、8086がので80286の実モードおよびより高いプロセッサーから入手しやすい。
高性能ファイルシステム(HPFS): 長いファイルを可能にするOS/2ファイルシステムは示す。
HiPack: ファイルおよびホールダーの圧縮は書式作成する。
ide: 統合されたドライブ電子工学、PCのハードディスクのための共通インターフェイス普及した今日。
割り込み: 割り込みハンドラに正常な実行および制御権移動を破壊する非同期作動条件。 割り込みは通常プロセッサーからのサービスを要求するI/Oデバイスによって始められる。
割込み要求(IRQ): 装置が装置のソフトウェアドライバによって整備されるように要求できる方法。 システムボードはプログラム可能な割り込みコントローラをすべての装置からの要求の優先順位を監視するのに使用する。
穀粒: Windows 98の3つの中心の部品の1つ。 それは基盤のオペレーティングシステムの機能性、ファイル入力/出力サービスを含んで、仮想記憶装置管理、およびタスクスケジューリングを提供する。
リストのリスト: ほとんどのDOS内部データ構造が達されるかもしれない他のテーブルおよびリストの内部dosのテーブル。
論理ブロックの演説(LBA): INT 13の延長に基づくハードディスク・ドライブアクセスする方法。
磁気ディスク: データが曲げられた表面の部分の選択的な磁化によって貯えることができる磁気表面が付いている平らな円の版。
磁気ドラム: データが曲げられた表面の部分の選択的な磁化によって貯えることができる磁気表面が付いている円の版。
磁気記憶装置: ディスク、テープおよび破片のような装置および媒体でデータを貯えるのに材料の磁気特性を利用する。
磁気テープ: データが表面の部分の選択的な磁化によって貯えることができる磁気表面が付いているプラスチックテープ。
大容量記憶装置: 磁気か光学ディスクのような特大収蔵可能量の二次記憶装置。
メガバイト: 百万バイト。 より正確に、第20力への2か十進表記の1,048,576。
記憶: 貯蔵と同じように。
記憶コントロール・ブロック: dosによって管理される記憶の部分の長さそして所有者を(数ある中で)含んでいるデータ構造。
不揮発性RAM: 正 常なRAMのように変更することができるが、失わない記憶はシステムの電源が切られるとき内容を。 この記憶は電池によって、またはそれが電気が内容を維持することを必要としないEEPROMまたはバブルメモリのようなタイプの記憶であるかもしれなけれ ば時システム力動力を与えられるかもしれない。
持久記憶装置: 記憶媒体は保つ内容彼力の不在である。
オペレーティングシステム(os): 制御し、計算機システムのハードウェアを指示し、そしてサービスoプログラマーおよびユーザーを提供する一組のプログラム。
光学ディスク: プラスチックディスクで小さい点を読むレーザー技術を使用して二次記憶媒体。 ディスクは情報の特性の十億を貯える現在ことができる。
選択rom: 任意読み専用記憶装置はPCバス拡張カードで見つけた。 このromは通常きちんと拡張カード例えばハード・ドライブに接続されるペリフェラルを追い出すために必要な付加的なファームウェアを含んでいる。 拡張romとしてまたについて。
公園: ハードディスクの読書きヘッドを電源を切り、ディスク・ドライブを運ぶことは安全である位置に動かすため。 多くのドライブはまた突然の動きからの付加的な保護を提供する位置に駐車されるとき頭部を締める。
パスワード: 資源またはサービスへのログオンかアクセスが承認される前に提供されなければならない独特な文字列。
パスワード貯蔵: ユーザーが再度ログオンする時はいつでも、ログオンパスワードがPWLファイルおよび資源パスワードのそれ鍵を開けるように自動的にパスワードリスト(PWL)ファイルでパスワードを貯えることは含んでいる。
PCカード: PCMCIAの商標。 PCカードスロットに差し込まれ、記憶関係したペリフェラルとして使用されるように設計されている取り外し可能な装置。
力自己テスト: システムの機能性の短い検査はシステムがつくたびに行った。
1次記憶装置セクション: 別名内部貯蔵および主記憶操置は、プロセッサーのこのセクションプログラム指示、入力データ、中間結果および処理の間に作り出される出力情報を保持する。
プログラムセグメントの接頭辞: プログラムセグメントの接頭辞は荷を積まれるときプログラムに付加される256バイトのデータ域である。 それはプログラムがと呼び出された、およびdosのための色々な家計情報を含んでいることコマンド・ライン。
RAM (RAMメモリ): (1)記憶装置はデータを取り出すために必要な時間がデータの物理的な位置によってかなり影響されないように構成した。 (2)パーソナルコンピュータの1次記憶装置セクション。
読書きヘッド: または磁気テープからの実際の執筆か読書を行う磁気テープ装置の電気機械の部品。
実時間時計: システムが動力を与えられる間、時間を維持し続ける電池式の時計。 PCで、実時間時計は少しの電池式の記憶を含んでいる(cmosのRAMを置きなさい)。
新たにしなさい: 衰退からのそれを保つために周期的にドラムのメモリーチップの内容を書直すプロセス。 言葉は一般に適用されるcRT'sの蛍光体「またのイメージを描き直すことに新たになる」。
登録: 計算機構成についての情報のためのデータベースの貯蔵場所。 登録で価値を貯える方法を知っている適用および登録はすべてのシステムコンポーネントのための別のINIファイルの使用に取って代わる。
登録のレジ係: 見つけ、登録問題を解決し、そして登録をバックアップするシステム維持プログラム。
レジストリエディタ: 登録の記入項目を見、編集するのに使用されている適用。
登録のキー: 登録の記録の記録またはグループのための鑑定器。
ルートディレクトリ: ブーツのファイルおよび登録簿を貯えるために取っておかれる特定の区域。
rom (読み専用記憶装置): 動くと同時にプログラムによって変わらないかもしれないプログラム貯蔵のための記憶。
ルートのテーブル: コンピュータが包みをどこに導くか定めるのに使用されているテーブル。
分散かギャザー: ディスクセクターの連続的なデータが記憶の多数の非連続区域に出入して移る技術。 記憶の複数のエリアに読込むとき、これが分散読んだおよび呼ばれる反対操作は集め書く呼ばれる。
SCSI (小型コンピュータシステム・インタフェース): システム独立の拡張バスは普通コンピュータにハードディスク、磁気テープ装置およびCD-ROMを接続するのが常であった。 ホストアダプタはコンピュータの自身のバスにSCSIバスを接続する。
捜索: ファイルで貯えられるデータを見つけ、取り出すプロセス。
二次貯蔵: コンピュータの1次記憶装置を補う貯蔵。 補助貯蔵と同義。
セクター: ディスクのデータの最も小さくアドレス指定可能な単位。 MS-DOSの下の、これは普通512バイトである。
順次アクセス: データを続けて、または次々に貯えるおよびアクセスする方法。 記録にアクセスするためには、先行するすべての記録は最初に読まれなければならない。
組み立ての原稿: すべての選択のためのあらかじめ定義された設定を含んでいるテキスト・ファイルは組み立ての間に指定した。
軟調コピー: 揮発出力の形態、通常スクリーンの表示。
種類: データを前もって決定された順序に整理するため。
SRAM (静的なRAMメモリ): 記 憶のビットごとの1つのフリップフロップから普通成っているRAM。 ドラムとは違って、静的なRAMは力が応用である限り内容を保つ。 読まれるメモリアドレスの内容を新たになる必要性がないので、SRAMはドラムより速いが、各ビットが破片のより多くのスペースを占めるので高く、普通ド ラムより大いに小さいサイズで利用できる。
州の記憶: そのモジュールの呼び出しo呼び出しから変わらずに存続するモジュールに内部データ。
貯蔵: 入力する後になって取り出すことができるかどれをからデータがことができるそれが保持することができる装置に関係するそして。
システム・ファイルのテーブル: システム・ファイルのテーブルはちょうどfcbがdos 1.x機能のための州を維持するのでdos 2+のハンドル機能のためのファイルを開くの状態を維持するのに使用されるDOS内部データ構造である。
システム保全: 監視およびシステムを評価する進行中のプロセス。
スワップ・ファイル: 記憶で合わないプログラムおよびデータファイルの部分を握るのにWindowsが使用するハード・ドライブの隠されたファイル。
テスト: それを欠陥を表わすためにもたらすことを意図してシステムの全体または一部を実行するfiendishおよび無情なプロセス。
時限爆弾: 予定時間か行為が行われた後それ自身を破壊するように計算機プログラムを妨害する方法。
トラック: ディスクの単一データ軸受け表面のデータの多数の同心の円リングの1つ。 異なった表面の同じ位置のトラックはシリンダーを形作る。
TSR (居住している終え、とどまりなさい): 記憶に他のプログラムかユーザーにサービスを提供する終結の後に残るプログラム。名前は終了の後に記憶に残るのに使用されるdosの関数呼出しの名前から来る。
UDF: 普遍的なディスクフォーマット、aのファイルシステムは光学媒体のデータの貯蔵のための光ディスク記憶装置技術連合によって成長した。
UltraPack: ファイルおよびホールダーの圧縮は提供が標準的でまたはHiPackの圧縮より圧縮をよくすること書式作成する。
取消しなさい: ユーザーが前の指示の行為を取り消すことを可能にする市販ソフトの特徴。
上部のメモリブロック: 640Kおよび1024K住所の間にある割り当て可能な記憶の非連続セクション。
VCACHE: 32ビットの16ビットを取り替える保護モード隠し場所の運転者、実質モードスマートなドライブディスクキャッシュソフトウェア。
仮想制御プログラムインターフェイス: 記憶を割振り、保護されたモードにまたはから転換するべき保護モードプログラムのための簡単なapi。
仮想記憶装置: 適用により大きく、ようであるそれより均一の記憶はある。
ウイルス: プログラム他のプログラムにそれ自身を複写するためにそれ自身を付ける。 ウイルスは頻繁(しかし)でき事によって、一定量の再生の後で、または特定の日付に誘発される有害なコードを常に含んでいる。
揮発性メモリ: 力の中断の場合に内容を失う記憶(電子半導体メモリーのような)。
みみず(、読む多数を一度書きなさい): 一度丁度書かれている変わらないデータが貯えられればかもしれない記憶媒体は。
みみず: ネットワークを渡ってそれ自身を複写するプログラム普通。 ウイルスと対照をなして、みみずは他のプログラムにそれ自身を付けなかったり、それ自身を独自に再生できる。
貯蔵書の後ろ: それの前に記憶で一時的にデータを貯えて永久記憶装置のためにディスクで書かれている。
ライト・スルー: 隠し場所の2つの主なタイプの1つは貯蔵している媒体に、ライト・スルーの隠し場所すぐに隠し場所が決して既に貯蔵された装置にない情報を含んでいないように、最新の情報を書く。
XBDA: 延長biosのデータ域を見なさい。 XMS: 延長記憶指定を見なさい。

0 件のコメント:

コメントを投稿