2010年2月12日金曜日

顧客用マウンテンバイク

顧客用マウンテンバイク

事実上皆は道のバイカーまたは山のバイカーであるかどうかたいと思うことにそれらが個人感じである、自身の点必要性を満たしてもらい。 あなたのためそこにバイクであることをカスタム化がまたは特注ほしいと思うかどうか従って。
顧客用マウンテンバイクを得ることについて考えれば、あなたが考慮に入れなければならない複数の要因がある。
率直に、典型的な週末のバイカーは実際に顧客用バイクを必要としない。 それらがきちんと合われて得てもいいバイクの店であなたのバイクを買う限りうまくする。
しかし速度が全専門家および熱心なアマチュアの実際に深刻なバイカーのため、カスタマイズされたバイクは考慮することを何かである。


カスタム化対特注
「カスタム化」の専門用語は複雑である場合もある。 人々は実際に2つの事のとき、単語を交換できるように使用する。
カスタマイズされたバイクは在庫フレームを取る、あなたによってがほしい座席、正しい高さの茎、あなたが容易に達することができるペダルが付いているcrankset等を置く1台。
特注のバイクはフレーム自体があなたに測定丁度造られる1台である。
基本的には1つがカスタマイズされたバイク述べているとき、-またはむしろ特注のバイク- 1はフレーム述べている。 製造業者にあなたの測定に沿って送る-膝へのフィートの長さ、骨盤への膝、胴、全高およびそれらは心のそれらの測定を用いるフレームを組み立てる。 それらはそれから原料のすべての残りを置く-あなたが要求する上限のタイヤ、ブレーキおよびベルト寄せ、クランクセット、および行ってがよい。  そのすべてお金を要する。
容易なカスタム化-ペンキの仕事
マウンテンバイクをカスタマイズする他の方法がある当然、私が見なかったけれども多くの人々はそれをする。 あなたのような様式化されたペンキの仕事がロウライダーで見るそれらを与えないためになぜか。 当然山を実際にたどって行くことのために使用されるマウンテンバイクは(クロス・カントリーまた更に道の乗馬に使用するそれらに対して)敗北のビットを取 り、傷付けられて得ることができるほとんどのバイカーのため、彼らのバイクの手塗りの壁画はかなり魅力的である場合もある。 なぜlowriding群集を過すすべての楽しい時を許可しなさいか。 私は以外のそれを引っ張る技術を持っていない功妙な才能を全然持っていればことをので私が知っている私がなぜオレンジの私の自身のバイクを塗らなかったお よび黒いトラの縞があるか唯一の理由、それのために行かないためになぜか。
バイクの技術は製造業者が材料の最も軽いのから最も強いフレームを作るように努力するので、いつも改良している。 従って最新起こっていることで循環の世界で保つので、あなたの好みの自転車の雑誌の検討セクションを監視しなさい。
-約
Alastairハミルトン著- Alastairハミルトンはhttp://www.bikecyclingreviews.comのために自転車でより多くの記事を書いた消費者ウェブサイトのジャーナリストである 。 マウンテンバイクの検討および注文のバイクの 最もよい記事を提供する 集中されたウェブサイト。
源: 自転車に乗る地帯-大きい循環、スポーツおよび適性の記事のためのあなたの源--を冷却しなさい!

0 件のコメント:

コメントを投稿