2010年2月23日火曜日

工作機械のための紡錘

後部紡錘の部分(62)および相関的な回転ほぼ同じ位の軸線があるeach of後部紡錘の部分および前方紡錘の部分互いが付いている前方紡錘の部分(64)から成り立つ工作機械のための紡錘(60)。 創意に富む紡錘は前もって決定された量で回る前方紡錘の部分および後部紡錘の部分とその量で強いられる前方紡錘の部分の回転と後部紡錘の部分に適用される 付加的な回転がそれにより前方起因すると後部紡錘の部分間のトルクをもたらすばねの偏向で含んでいるという後部紡錘の部分と前方紡錘の部分の間で伸びる1 つ以上のばねの要素(68)を。 現在の発明はまた位置を制御する目的として持っている制御方式に、紡錘の1つ適用される、ないトルクを通常ギヤメンバーの紡錘含んでいる。 この方法では、ギヤメンバーの紡錘の位置は計算機数値制御(CNC)のような平均によってピニオンのメンバーの紡錘の位置に関連して管理されている。 ピニオンのメンバーが速度で回ると同時に、ギヤメンバーはピニオンとの調整でCNC制御によって(比率に従って)保たれる。 ギヤメンバーの紡錘は、事実上、ピニオンに関連するギヤ回転を進めるか、または遅らせる付加的な回転部品を含むように命じることができる。

0 件のコメント:

コメントを投稿