2009年12月9日水曜日

サービス拒否が起こるで野生カード ポート結果の FTP: 使用

マイクロソフトまでが変な機械翻訳をはき出したみたい。 これはショック。 ちゃんとした日本法人がある会社なのに。

サービス拒否が起こるで野生カード ポート結果の FTP: 使用

インターネット火炎の壁ゲートウェイが、予約されていないポートを使用してシステムからのリモートの TCP 接続要求を禁止する構成されています。 Windows NT の FTP サービスはこれらのシナリオで失敗した、クライアントに接続するとき、ワイルドカード ポートにバインドされました。 クライアント側で LS や GET コマンドはすべて、コンピューターが応答を停止 (ハング) するか最終的にタイムアウトに表示されます。

マイクロソフトでは、この問題を Windows NT および Windows NT Advanced Server バージョン 3. 1 の問題として認識しています。 この問題は、最新の米国で修正されました Windows NT のサービス パックおよび Windows NT Advanced Server バージョン 3. 1 です。 サービス パックの入手については、Microsoft Knowledge Base で次の語を検索してください (スペースは不要です):
S E R V P A C K これは、ホットフィックスです

言い訳
機械翻訳
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供してい る全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語と しない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改 善を継続的に行っています。
英語版 KB:105725

0 件のコメント:

コメントを投稿